みかんとちぃ

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満細胞腫のその後 - 2014.09.02 Tue

ちぃは親父さんのようですよね
みかんも遊んだらすぐお昼寝になってしまいます
ウトウトしてる時って気持ちがいいものね

****************************************


スヤスヤ寝てる姿ってかわいいなぁ~♪

1


かわいいキバがチラッと見えてる(^^)

2


みかんは7月と8月と病院へ通っていました
これから病院へ向かうところです
fmさん お手製のグレーのキャリートートバッグは大活躍♪

3



待合室はいつもいっぱいで車の中で待機中
キャリーの蓋を開けてあげたら押し上げて出てきそうになったのでストップだよ

4


2年前に初めて肥満細胞腫が右の尻尾の付け根の横に出来て切除手術をしました
その1年後の去年9月には2つ目の肥満細胞腫が左足に見つかり手術したのですが
その肥満細胞腫はそのまま残っています(なぜ残っているのかは追記に書きました)
そして去年の手術直後に理由があって病院を変えました
今は腫瘍専門医の先生に診ていただいています
現在残った肥満.細胞腫のすぐ横にも小さな物が出来て2つ並んでる感じです
もう一つは下っ腹中央にもポチッと出来ているので全部で細胞腫は3つあります

去年から診ていただいている専門医の先生の診断では
まず犬の肥満細胞腫と猫の肥満細胞腫とは全く違うものである
猫の場合今すぐどうこうなるものではないので切る必要がないとおっしゃっています
肥満細胞腫は皮膚型と内臓型がありみかんは皮膚型です
皮膚型から内蔵型に転移することはない、のちに内蔵型が見つかってたとしても
皮膚型とは別ものである
内蔵型がすでにある場合は皮膚型に出てくることがある
皮膚型は小さいものであれば局所麻酔でホチキスのようなものでポチッと
切除する方法もあるが局所麻酔での切除は小さな細胞腫であること
(みかんは肥満細胞腫が大き過ぎる)
この方法は大人しい猫ちゃんなら出来ます(みかんは怒りん坊さんなので出来ません)
みかんの場合出来やすい体質だということ
すでに多発しているので全身麻酔で切除手術をすることで一時的に免疫が下がり
さらに肥満細胞腫が増えてしまう可能性があること
小さいものは見つかってないだけで他にも.あるかもしれません
飼い主が細胞腫があることが心配でストレスを感じるのであれば切除手術もありです
ただ見つけるたびに切除手術していたらきりがないということです

今年7月左足の.細胞腫が少し大きくなったこと(1cm弱)が気になったので先生に相談しました
しばらくステロイド剤を飲ませることで肥満細胞腫が小さくなる可能性があるため
1ヵ月半の間飲ませて様子をみていました
猫はとてもステロイドに強いそうなので少量なら飲み続けても.心配ないということ
残念ながらステロイド剤で肥満細胞腫が無くなることはないそうです
あくまでも小さくなることを目的としています

8月下旬触った感じ多少の変化はあったものの足の方は明らかに小さくなった感じは
ありませんでした
お腹の方は数ミリのポチが平らになってきましたが
これ以上の変化はなさそうなのでステロイド剤は止めることになりました
肥満細胞腫はほとんどが良性なので悪さをしない限り大丈夫だということで
このまま様子を見ることにしました
また変化があった時には診ていただこうと思っています
年に数回内蔵の検査もして行く予定です
みかんは体重が少し減りましたがとても元気にしています
体重は今年からシニア用のカリカリに変えたこと、引っ越して少し部屋が広くなり
運動量が増えたことが関係してるようです
先生は体重が少し減ってちょうどよくなったんじゃないかなと言ってました
お腹タプタプしてたからね(笑)


病院から帰ってきたよ
ちぃ 「みかん姉ちゃんどこへ行ってきたの?」

5


みかん 「ちょっとー早く出してにゃぁ~」

6

ここ最近キャリーに入れられるとお漏らしするようになりました
病院へ行くのが嫌なんだよね
お漏らしは3回も続いたのでちょっとかわいそうでした
優しい先生なので先生の前ではお利口さんです(^^)


※追記あります

****************************************

※訪問&コメントありがとうございます
みなさまからのコメント楽しく読ませていただいています
時間不足のためコメントが残せなくてごめんなさい
コメント下さったみなさまPCかスマホで応援のポチに行かせて頂いてます
すみませ~ん

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ


遊びに来てくれてありがとう



今だから話せること

みかんはそこそこ大きな病院で最新設備の整った動物病院で診てもらっていました
去年9月みかんは2つ目の肥満細胞腫(米粒ほどの大きさ)が左足に見つかり
すぐに切除した方がいいと言われ2回目の切除手術しました
腫瘍の周りも大きく切り取る手術です
術後病院へ迎えに行った時にはキャリーに入れられていて傷口を見ようとしたのですが
みかんがシャーシャーとかなり怒っていて見せてくれませんでした
先生のお話を聞いて2度目だったこともあり帰宅してから傷口を見ることになりました

ところが手術されていたのは右!?右の足!?なんでまた右なの!?
えっ!?えっ!?右足だっけ!?左足じゃないの!?頭の中は大パニック
簡単に言うと左右間違われて手術されていました
病院側は布が被せてあり足しか出ていないので左右気が付かなかった
間違えた右足にも細胞腫があったから間違えに気付かなかったと説明され
ミスをした副院長から代金はいらないので翌日もう一度手術させてほしいと言われました
同じ大きさのものは絶対になかったしいったい何を切除したの?
しかも手術したばかりなのにそんなすぐにまたするの?
手術後すぐにカルテを見せてもらいましたが手術時間も間違えて記入されていました
カルテにはたしかに左足と書いてありました
でも手術したのは右足ですよ

病院側と話し合いをしたときにミスを認めて謝りました
手術代は返金されほんの少しの見舞金を渡されあとは病院を守りたい話でした
院長は「このことを公にするならお付き合いはこれで終わりです」って
真剣に訴える私に対して院長は「奥さん所詮ペットですよ。
いくら頑張ってもだめな時にはダメなんですよ
ペットロスでおかしくなる方もいるのでそうならないように」って言いました
あなたは動物の命を救うために医者になったのではないですか?
信じられない言葉でした
こんな病院こちらからお断りです

人間も動物もあってはいけないことですが医療ミスが起きています
でもそうなってしまったのならそれなりの対処方法や
飼い主に対するケアの仕方があるはずです

1年前手術する必要のないみかんの右足の傷を見るたびに辛い気持ちでいました
でも今はもう過ぎてしまったことみかんにはかわいそうなことをしてしまったけど
新しく出会った先生とよく話し合いながらみかんを見守っていこうと思います

1年前手術した足が左右違うため分からないように写真をUPするのが大変でした
辛くてホントのことが伝えられませんでした
数人のブロ友さんにはお忙しい中話を聞いていただいたり相談にのっていただきまして
ありがとうございました


だらだらと長~くなりすみません(^^ゞ
スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はるるさん、みかんちゃん、通院お疲れ様でした。

経過も悪くなっていないようなので安心しました(^^)

そうですよね、人間だって病院嫌ですものね。みかんちゃんも嫌なのね。
なのに、おりこうに診察を受けるなんて、えらいね、みかんちゃん。

寝顔のみかんちゃん、すごく可愛い!!
やっぱりみかんちゃんはリラックスした顔が一番ですね(^^)

猫が寝ている姿は可愛いですねぇ。
みかんちゃん、通院お疲れさまでした。
今の病院は細胞腫のこともわかりやすく説明もしてくれて
1cm弱の大きさでも「すぐに手術だ!」とはならないんですね。
病院によって方針も違うし、先生によっても考え方が違うので
その時にどんな病院・先生に出会えるかで経過が変わってしまいますね。

なんと、みかんちゃんもシニア世代に足を踏み入れたのですね。
体質ならば上手に付き合っていけばいいですもんね!
みかんちゃん、はるるさんがいるから大丈夫だよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ま~ そんな事があったんですね
それは 辛かったですね
全然気が付かなくて・・・・ゴメンなさい

悪性じゃないのは ちょっと安心です
一病息災って言うし
かえって健康に気を配るので長生きするって言いますもん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

所詮ペットって・・・酷い・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。
飼い猫に肥満細胞腫がみつかったので
肥満細胞腫治療中の猫さんのブログをさがしてたどり着きました。

私は最初のかかりつけ医には切除をはっきり薦められ、
その次に診てもらった「日本獣医がん学会Ⅰ・Ⅱ種認定医」の獣医師にはは
「猫の皮膚にできた肥満細胞腫は問題ないことがほとんど(95%以上)。
医師の立場としては、万全の対策として切除を第一の選択肢として薦めるが、
手術をするかしないかは飼い主さんの判断です」
といわれたので、どうするか迷っておりました。

みかんちゃんのお話がとても参考になりました。
詳しく記事にしてくださってどうもありがとうございました。

ちなみに、我が家の猫の場合、原因はおそらく食物アレルギーです。
とうもろこし・小麦が入っているフードを食べると
腫瘍が赤くなって腫れて、猫がかゆがりますので...(ご参考まで)

それでは、また。
かわいいみかんちゃんを眺めにまいります。長文失礼致しました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikan925.blog137.fc2.com/tb.php/885-7f0245fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

涼しくなってきて «  | BLOG TOP |  » 抜け殻

プロフィール

はるる

Author:はるる
みかん

名前:みかん
性別:♀
年齢:9歳
誕生日:9月25日(推定)
2006年10月25日我が家へ

おっとりで甘えん坊
遊ぶ時は元気な三毛猫

濡れた段ボールの中に仔猫3匹で
寄り添っているところを保護
三毛猫が我が家へやってきました


ちぃ

名前:ちぃ
性別:♀
年齢:3歳(推定)
2012年10月11日我が家へ

やんちゃでお喋りさん
運動神経抜群!?のキジトラ
家猫勉強無事卒業

ノラ生活してたけどはるる家に
連れてこられちゃった

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

ランキング参加中

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ポチっと!

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
はじめまして (3)
みかんの箱 (1)
みかん・日常 (323)
ちぃ (44)
みかんとちぃ (280)
日向ぼっこ (69)
外猫ちゃん (4)
お知らせ (11)
爪切り (11)
動画 (19)
病気・病院 (34)

お知らせ

にくきゅう証明書 あんもにゃいと みかんとちぃが載ってます ねことも 「ねこ」のうた 「ちぃとみかん」のうた

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

お買いもの

みかんの箱写真館

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。